家族葬を選ぶ。遺産相続篇

遺産相続と家族葬

誰かが亡くなるとする。死がみまうのである。みまうのは、その死を死ぬ本人だけでなく、そのまわりの人間も同じである。
大なり小なり、わちゃわちゃしてしまうのが――つまり混乱してしまうのが、死後の処理というものである。
つまり、人が亡くなると葬儀をおこなう必要があるし、また、遺産相続などの諸手続きも必要だ。

葬儀にはさまざまなかたちがある。社会構造の変遷や何やかやによって、それに臨む人々の意識や希望もさまざまなものになり、これこれはこうであると、葬儀にかぎらず冠婚葬祭を初めとしたあらゆる行事ごとの定義が変わりつつある。
その中で葬儀のかたちも変わり、現在注目されているかたちのうちのひとつに「家族葬」が挙げられる。
「家族葬」とはどういうものなのか。また、この葬儀が「遺産相続」にどのような関係があるのか?

関係があるのである。「遺産相続」にはさまざまな手続きが必要である。また、「遺産相続」といえば多かれ少なかれトラブルの種であることは、フィクションの世界で多くのサスペンス・ドラマが証明しているとおりだ。
「家族葬」のかたちとも関わりのある問題や、そもそもの「家族葬」、「遺産相続」についてつらつら書いていこうと思っている。

これらは大事なことだ。
いずれ必ず、僕らはこの問題に直面するのである。

だからこそ、相続放棄の手続きを考えておかないといけない。自分でわからに時には専門の法律家に相談することもできる。

ステキな葬儀を行なうなら家族葬が充実した東京の葬儀業者ですよね。選ばれているサービスの秘密をHPで見てみよう。

what's new

2013/05/28
問題点などを更新。
2013/05/28
遺産相続あれこれを更新。
2013/05/28
詳細についてを更新。
2013/05/28
家族葬とは?を更新。
2013/05/28
トップページを更新。